FC2ブログ
 
■プロフィール

メリー

Author:メリー
2012年2月より台湾で駐在生活をしてます。
美味しいお店、日々の台湾生活のことなど
ケセラセラ~に暮らす毎日を綴りたいと思います。


※お店の閉店や移転、値段などの情報は変更が分かり次第
随時更新をしておりますが、ブログ内の情報は訪問当時のものですので、現在の状況と異なる場合がございます。
予めご了承の程よろしくお願い致します。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ

■FC2カウンター

■検索フォーム

■FC2拍手ランキング

■フリーエリア

■全記事表示リンク
■RSSリンクの表示
■リンク
■Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
【小涼院霜淇淋專門店】素材にこだわったソフトクリーム☆
小李子でお粥を頂いた後(記事はこちら)、デザートを食べにこちらへ・・・


■小涼院霜淇淋專門店

小涼院霜淇淋專門店 (1)

小涼院霜淇淋專門店 (2)


小さなお店ですが佇まいがノスタルジックでとても素敵です。

この日のソフトクリームのフレーバーは巨峰でした。

小涼院霜淇淋專門店 (11)

その日(その週?)のフレーバーはお店のfacebookで確認ができるそうです。

小涼院霜淇淋專門店 (3)
マンゴーの時にも訪れてみたいな。。。


飲み物メニューはこちら。

小涼院霜淇淋專門店 (4)


店内

小涼院霜淇淋專門店 (6)
小涼院霜淇淋專門店 (7)

窓ガラスの模様も素敵です。
小涼院霜淇淋專門店 (5)

店内の席は6席ほど。
小涼院霜淇淋專門店 (8)


☆巨峰葡萄霜淇淋  160元

小涼院霜淇淋專門店 (9)

巨峰の実はもちろん、皮、種もすべてソフトクリームに練り込まれていて
つぶつぶ感も味わえます。
さわやかな甘さながらも巨峰の味がしっかりと味わえるソフトクリームです。

小涼院霜淇淋專門店 (10)

トッピングされた生の巨峰の美味しさにも驚きでした!

街中のかき氷、アイス屋さんと比べるとお値段はしますが、
こだわりの材料で、この美味しさ、納得のお値段でした!

ちょくちょくfacebookを確認して、その時の味を見て、また再訪したいです。




■小涼院霜淇淋專門店
台北市復興南路二段148巷34號
02-2706-7623
営業時間 12:00-21:00
不定休のようです、営業日はfb確認がおすすめです。
☆お店fb:こちら




☆いつもご訪問ありがとうございます。
 ランキングに参加してます。励みになりますので下記の【台湾情報】か【台北情報】を
 クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 台北情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


■食(スイーツ;かき氷、アイス) | 12:00:00 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
Re: 質問です
***鍵コメント下さった方へ***

初めまして、こんにちは。ブログへのご訪問いつもありがとうございます。

師範大学語学中心についてのご質問、回答を下記にさせてくださいませ。

私自身、台湾に来た際には全く中国語を話せません(知りません)でした。
その為、ゼロレベルのクラスから入ったのですがその際には英語で授業が進められました。
特に私は英語が得意でもなく、「英語が話せます」というレベルではありませんが
先生が説明されてる英語や宿題の指示は理解できました。
もし英語に対してアレルギー?なほど、全くダメということでしたら
少し厳しいかもしれません。ただ、クラスによってはゼロレベルでも英語ではなく
中国語で中国語を教える先生もいるかもしれませんが、その辺りの詳細は分かり兼ねます。

私は「レギュラークラス」という月~金、2時間のクラスに通っています。
先生によるかもしれませんが、ほぼ毎日宿題がでて、2,3日に一度は書き取りテスト、
そして課のテストがあり、授業後には宿題、そして予習、テストの準備と
やはり毎日授業があるだけに、中国語に割く時間は多くなります。
毎日勉強することによって伸びは早いかもしれませんが、それだけに苦しさも(人それぞれかと思いますが)
あるかと思います。
また学期ごとに、進級試験があり、点数によって来期のクラスが決まるのですが
その進級試験はとても緊張してしまうものでして(私は・・・)、辛くも感じました。
ただ、プラスの面としては進級試験にむけてしっかり復習ができるということもあります。


私は中国語の勉強が辛いということよりも、日常生活をするうえで中国語が話せずに困るという辛さの方が
大きかったので、多少大変であっても、中国語の勉強を毎日する方を選びました。

また、毎日通うことで生活のリズムができるかと思い、学校を選んだことも理由の一つです。

あとはグループレッスンを受けることで、日本人はもちろん外国人の友達もできるメリットがあると思いました。
学校で出来た日本人の友人は、中国語の学習のよき相談相手であり、日常生活の情報交換もできるため
私は学校に通って良かったと一番感じる部分でもあります。


私は家庭教師や、週に何度か通うようなレッスンの経験がないため、
その辺りのメリットをお伝えできず申し訳ありません。

友人の中には、師範大学語学中心に何学期か通った後、家庭教師に切り替えた子も
その逆のパターンの子もいます。

ざっとまとまりなく書いてしまいましたが、
ご質問への回答となっていれば幸いです。
2016-07-13 水 18:39:44 | URL | メリー [編集]
Re: タイトルなし
***鍵コメント下さった方へ***

語学学校の件、少しお役にたてたようで良かったです。
私も「勉強」することからかなり年数が経っており、新たに中国語の勉強をすることが
とても不安でした。今でも、物覚えの悪さに自分自身情けなくなることも多々ございます。
しかし中国語学習は確実に日常生活の役に経っているな、と思います。

コメントに書いて下さった通りでして、
入学への準備にあたって、最終学歴の卒業証明書が必要となりますので
台湾へいらっしゃる前にご準備されていらっしゃるとスムーズかと存じます。

学校以外のコミュニティの件について、、、
私は特に学校外での習い事をしてないので詳しくなく申し訳ないのですが、
友人の中には、日本人の先生の方が教えている習い事をしている子もいます。
ご質問にうまく答えられず申し訳ございません。
2016-07-17 日 23:30:20 | URL | メリー [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。